即日審査キャッシングを選ぶならキャッシュR

即日審査キャッシングはコレだ!

あらゆる条件を考慮して厳選したおすすめキャッシング5社!

 


初めての方なら選べる2つの利息0円ローン!
お急ぎでも安心即日振り込み!
スマホ完結で来店不要!

実質年率

借入限度額

審査時間

融資スピード

4.5%〜18.0%

最高500万円

画面に審査結果を表示※1

最短即日※2

担保・保証人

借入れ診断

主婦・アルバイト

おまとめ

不要

あり

融資可能※3

なし

※1審査結果を即時確認できる時間帯:8時10分〜21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分〜19時)申し込み内容により電話での連絡がある場合があります。※2平日14時までに、お申込みと必要書類の確認の完了が必要です。※3主婦の方でもパートやアルバイトで定期的収入があれば申込可能です。

 

 

 


最短30分で審査完了!
誰にも知られずカードを受け取れる!
30日間利息0円!

実質年率

借入限度額

審査時間

融資スピード

4.5%〜18.0%

最高500万円※1

最短30分※2

即日融資※3

担保・保証人

収入証明書

主婦・アルバイト

不要

原則不要※4

融資可能※5

※1当社ご利用限度額が50万円超、 または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は 源泉徴収票など収入を証明するものが必要(慎重審査)※2お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。※3時間帯によっては、お急ぎのご融資のご希望にそえない可能性がございます。※4ご利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額が100万円以下のケースの場合。※5満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方。

 

 

 


はじめての方なら最大30日金利0円!
最短30分で審査回答、さらに即日振り込みも!
利息はご利用日数分だけ!

実質年率

借入限度額

審査時間

融資スピード

3.0%〜18.0%

最高800万円

最短30分※2

最短1時間※2

担保・保証人

収入証明書

主婦・パート・アルバイト

簡易診断

不要

不要※1

融資可能※3

あり(3秒診断)

※1お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要※2お申込みの時間帯、審査状況などにより、審査結果のご連絡、融資に時間がかかる場合があります。※3一定の収入が必要です(専業主婦は除く)

 

 

 


468*60

最短1時間融資!
主婦パートアルバイトでも申し込みOK!
14時以降も土日祝も借りれる!

実質年率

借入限度額

審査時間

融資スピード

4.5%〜17.8%

最大500万円

最短30分※1

最短10秒※2

担保・保証人

収入証明書

主婦・アルバイト

不要

不要※3

融資可能※4

※1審査回答までのお時間は、状況により異なります。※2お申込の時間帯や、お客さまのご利用の銀行によって、振込までの時間が異なる場合もございます。※3お借入額が50万円を超えるお客さま、お借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さまは必要です。※4安定した収入がある場合お申込可能です。

468*60

 

 

 


WEBにてお申込み完結!
全国のコンビニ等のATMでご利用可能!
パート・アルバイトの方もお申込みOK!

実質年率

借入限度額

仮審査時間

本審査

4.9%〜20.0%

最大300万円

最短当日※1

必要書類を確認後※2

契約完了

年会費

収入証明書

主婦・パート・アルバイト

カードを郵送後※3

なし

必要に応じて※4

利用可能※5

※1審査結果は、当日もしくは翌営業日にEメールまたはお電話にてご連絡いたします。※2スマホ・パソコンから必要書類をアップロードいただきます。※3カードをお受取り後、当社までご連絡いただくまではカードのご利用はできません。※4当社の極度額と他社のお借入れ総額が100万円を超える場合、当社の極度額が50万円を超える場合※5安定した収入があればお申込みいただけます。

 

 

どのキャッシングを選べばいいのか

銀行系、信販系、消費者金融系など、キャッシングを取り扱っている会社はたくさんあります。独自のサービスを展開したり、タレントを使ってテレビCMを流すなど、顧客獲得に努力しています。一体どのサービスを選べば良いのか迷いますよね。そんなときは、自分の目的に合ったサービスを選びましょう。


まず、キャッシングのサービス内容は各社さまざまですが、見るべき項目はやはり「金利・利息」「限度額・極度額」でしょう。この2つの項目が契約をする前に、どの会社にするかを左右する決め手となります。この2つの項目である程度の会社を絞り、その上で比較検討して決めるのがベストです。


その他の項目では、「返済・支払い方法」や「返済・支払い期間」、「返済・支払い回数と金額」などがあります。また、会社によってはCM等で「はじめての契約から30日間無利息」など各社の独自サービスも比較対象になります。


あなたはどのタイプ?自分のタイプによって契約サービスを考えよう


「まとまったお金が必要なタイプ」

もし、あなたが「今日すぐに大きな金額のお金を借りたい」場合は、「限度額・極度額」が大きいタイプのキャッシングを選らんだほうがいいでしょう。しかし、借りられる金額が大きい分、金利・利息(借入利率・手数料率)は高めにになります。また、返済・支払いを滞納した場合の遅延損害金の年率も高く設定されています。この辺りをよく考え、他社と比較して自分にあったキャッシングを見つけましょう。

「月末のピンチや急な出費があるタイプ」

もし、あなたが「今月ピンチ!今日すぐに2〜3万円必要だわ!」と小額のお金を必要とするなら、「金利・利息(借入利率・手数料率)」の低いタイプのキャッシングを選んだほうがいいでしょう。しかし、借りられるお金「限度額・極度額」は小さいので、万一大きなお金が必要になっても限度額以上借りられません。また、返済・支払い方法が多い会社を選んだほうがいいでしょう。専用のATMや提携先ATMなどでしか返済できない会社は避けたほうがいいでしょう。

「もしもの時に備えるタイプ」

もし、あなたが「普段は使わないけどもしもの時のために、すぐに借りれる所が必要」と思っている場合は、自分が口座を持っている銀行のキャッシングか、クレジットカードを選んだほうがいいでしょう。大手銀行なら「○○○銀行VISAカード」など多機能なクレジットカードを持つのがいいでしょう。


あなたはどのタイプ?自分のライフスタイルや収入・収支のバランス、性格などをよく考えた上で、あなたに合ったキャッシングを選びましょう

クレジットとキャッシングとの違いについて

クレジットカード、キャッシュカードとキャッシングの違いをよく理解していない方が多いように思います。同じ「カード」でもその契約内容やサービス内容は大きく異なります。サービス内容の違いをしっかり理解して収入、ライフスタイルにあったカード利用を心がけましょう。間違ってもクレジットカードや銀行のキャッシュカード感覚でキャッシングを利用するのは避けてください。


両者の違いを大まかに言うと、クレジットは「お買い物をツケ払いで済ますこと」をいい、商品代金の支払いは完了していません。後日月末や月の決められた日に一括、または分割で口座から商品代金が引き落とされます。商品代金以外、金利手数料や、カード手数料など別途費用がかかります。


一方、キャッシングは「お金を借りること」をいいます。信販系(ライフ、オリックスなどクレジット会社)は、クレジット(ツケ払い)とキャッシング(お金を借りる)の両機能が付いたカード、いわゆる「クレジットカード」を扱っています。クレジットカードは、この他にも旅行傷害保険やポイント特典(マイレージやショッピングポイントなど)なども付いており、単なる「ツケ払い」や「お金を借りる」といった機能を超えた多くの機能を持っています。


消費者金融系(モビット、アコム、プロミスなど消費者金融)は、キャッシング機能(お金を借りる)に特化した、いわゆる「キャッシングカード」を扱っています。「消費者金融」と聞くと、昔の人はドラマの「悪徳金融」、関西の人なら「ミナミの帝王」を思い浮かべがちですが、近年の金融再編により「独立系の金融会社」が統合され、銀行の傘下に加わったり、銀行自身が独自に消費者金融会社を設立したり、または流通会社系や通信販売系の会社が新規参入するなど、消費者金融業界にも「大手資本」の手が入り、業界の環境も大きく様変わりしました。今では、銀行名を出して「○○○グループの△△△です。」とテレビCMまで流す時代となりました。


金融システムもインターネット導入で飛躍的に便利になり、「カード」による取引も増えました。今では若い人も「カード」を持ち、「クレジットカード」「キャッシングカード」が重宝され、より身近になりました。


商品を買ったり、飲食をしたり、旅行に行ったりと多目的に利用するなら「クレジットカード(VISA、MASTERなど)」を選び、「今日中にお金が要る」、「今月ピンチ!すぐにお金が必要」など、すぐに現金が必要な場合や、まとまったお金を借りたい時は、即日融資が可能なキャッシングを選ぶのが良いでしょう。


ただし、どちらのカードも「支払い、返済を先延ばしにする」という部分では同じなので、自分の収入にあった範囲内で計画的に利用しましょう。くれぐれも使いすぎ、借りすぎには十分注意してください。


銀行の「キャッシュカード」と消費者金融の「キャッシングカード」とは混同しないでください。
信販系の「クレジットカード」に付いているキャッシング限度額は消費者金融系の「キャッシングカード」よりも少額に設定されています。

「キャッシング」と「カードローン」の違い

キャッシングもカードローンも「お金を借りる」ということでは、同じですが、借り方、返済方法が異なります。また、会社によっても「キャッシング」の言葉の意味が違う場合がありますので、契約時にはサービス内容を十分確認しましょう。

キャッシング

カードを使って現金をATMやCDから引き出し(借りる)、翌月一括払いで返済・支払いする方法。会社によっては「リボ払い(分割)」ができることもあります。会社によって「キャッシング」の意味が異なる場合がありますので、契約時に十分確認しましょう。

カードローン

カードを使って現金をATMやCD、窓口から引き出し、毎月決まった日に決まった金額をリボ払い(分割)で返済・支払いする方法。

カードの種類
銀行のローンカード

銀行のカードど言えばいつも銀行のATMや窓口で自分の口座からお金をおろすときに使う「キャッシュカード」を思い浮かべますが、それとは異なります。自分の口座に入金されている金額以上のお金を借りるときに「カードローン」を申し込みます。

クレジットカード(VISA、MASTER、AMEXなど)

いつもショッピングや飲食、旅行で重宝しているクレジットカードでも、お金を借りることが出来ます。毎月送られて来るカード利用明細に「キャッシング 限度額」と「カードローン限度額」が書かれています。その明細に書かれている限度額までならお金を借りることができます。カードの利用頻度や金額が大きくなったり、契約年数が長くなると、それに応じて「限度額」が高くなります。一度でも滞納や引き落とし不可などになった場合を除く

キャッシングカード、ローンカード(モビット、アコム、プロミスなど)

ここで説明する種類のカードがよく「キャッシング」といわれるカードです。ショッピングや飲食、旅行などには使えない、お金を借りるための専用カードです。クレジットカード会社、信販会社、消費者金融が発行しています。申込をして審査に通れば、カードが手元に届く前でも自分の口座にお金を振り込んでもらうことも出来ます。

キャッシング契約に必要な基本的な書類

本人の身元や現在の収入を証明する必要がある

クレジットカードやキャッシングなど、各種カードを契約する場合、必ず提出しなければいけない書類があります。基本的には「本人確認書類」と「収入証明書」の2つが主に必要な書類となります。


銀行や信販会社、消費者金融会社によって上記以外の書類の提出や契約条件が必要となる場合があります。また、書類等を全て提出したからと言って必ず審査に通るわけではありません。

「本人確認書類」例
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

「収入証明書(コピー)」例
  • 源泉徴収
  • 給与明細書
  • 税額通知書・納税証明書・所得証明書
  • 確定申告書

※有効期限内のものに限る。上記の例はあくまで例であり、会社によって「本人確認書類」、「収入証明書」として認められない場合もあります。各会社の契約必要書類を確認してください。

借入先によってこんなに金利は違う

さまざまな金利がある

 

キャッシングの金利は千差万別です。住宅ローンの年率二〜五%のものからトイチ(一〇日で一割の金利)
と言われる高金利まであります。こうした金利に関する法律には、@民法の法定金利、A利息制限法、
H出資法があります。
お金を借りる側としでは、条件のよい低金利を選ぶことです。このことは当然のことと思われる方も多いで
しょうが、実はこのことが意外に実行されていないのです。というのは、高金利でも消費者金融やクレジット
カードによるキャッシングが簡単で便利だからです。最近では、銀行なども個人への貸出しが多くなっていま
すが、貸出し条件が厳しく消費者金融のように、その場で簡単に借り入れることはなかなかできないから
です。しかし、考えてみてください。簡単に借りられるということは、理由があるのです。その一は、高金利で
あること、その二は、取立てが厳しい、ということなのです。

 

返済が滞れば遅延損害金が付く

 

高金利の利息ほど恐ろしいものはありません。それだけならまだしも、返済が滞れば、通常、今度は遅延損
害金がかかります。
こうしてキャッシングは、一度返済が困難になれば、利息が利息を生みあっという間に膨れ上がることになり
ます。また、借金の取立てが厳しくて、他の金融機関より借りて借金の返済をすれば、複利で借りたのと
同じことで、これもあっという間に借金膨れあがることになります。多少、面倒くさくても、金利の安い貸金を
調べてそこから借りることが大切です。
また、簡単に借りられると、つい、何かの折にすぐキャッシングをしたくなるものです。こうして借金をしたり
返したりしているうちに、何かの都合で返済できなくなったりします。何度も言いますが、キャッシングはしな
いに越したことはないということを肝に命じておいてください。