即日審査キャッシングを選ぶならキャッシュR

住宅ローンは「借りられる金額」で借りてはいけません

「金利が低いから」という理由ではなく、今までコツコツとお金を貯めてきて、資金
の準備が整ったから、仕事の都合や子どもの年齢などを考えて、そろそろマイホーム
を手に入れたいという場合は、住宅ローンについてしっかり勉強したり研究してから、
物件探しや建築準備に入ることが大切です。
 住宅ローンについての知識がないまま、モデルルームの見学に行ったり、建築業者
に相談したりすると、先方に勧められるまま契約し、すべておまかせで住宅ローンを
組んでしまうことが多いからです。
 そうなると、ローンの返済が始まってから、後悔することにもなりかねません。
ノまず大事なことは、業者などに「この年収なら住宅ローンは3000万円まで十分
借りられますよ」などといわれ、借りちれる金額でめいっばい借りてはいけないとい
うことです。
 今のように低金利のときは、年収が低くても、かなりの金額が借りられるケースが
出てきます。銀行などのホームページで借入額の試算をしても、「こんなに借りられ
るのか」「これなら安心だ」と、ほっとする人たちもいるでしょう。
 しかし、借りられる金額と返せる金額は、けっして同じではありません。
 住宅□−ンは、将来、収入や金利が多少変わっても、無理なく返せる金額で借りる

ことが何より大切で、これが住宅ローンを借りるときの鉄則でもあります。
 実際には、金融機関は取得する住宅の価格やその人の返済能力に応じて、住宅ロー
ンの借入限度額を決めています。通常、審査の際に目安にするのが、年収に対する年
間返済額の割合で、民間ローンの場合は年収の25〜35%程度となっています。
 この計算をするとき、各金融機関は独自の審査金利で行うため、ホームページなど
を利用して優遇金利で試算したときの金額とは若干違ってきます。それでも、返済期
間を最長の35年にして、年収の最大35%まで借りると、けっこうな金額になります。
 たとえば、あるメガバンクでは、年収400万円なら2720万円、年収600万
円なら4080万円まで借り入れが可能(審査金利3・75%の場合)。
 でも、これだけ借りてしまうと、ローンの返済で月々の家計は厳しくなってしまう
でしょう。というのは、審査の隙に目安となる年収は税込みの金額で、手取り年収で
考えると、年間返済額の負担はもっと重くなるからです。
 年収400万円というと、ボーナスの額にもよりますが、手取り月収では25万
〜30万円程度でしょう。2720万円の借り入れで金利3%、返済期間が35年な
ら、月々の返済額は約10万5000円です。年収600万円の場合、手取り月収が
30万〜35万円としても、4080万円の借り入れなら、同じ条件で月々の返済額は約

15万7000円になります(いずれもボーナス払いなし)。
 これだけでも、かなりきつそうですが、マンションの場合はほかに管理費や修繕積
立金も毎月2万〜3万円かかるため、住居費だけで手取り月収の半分くらいを占めて
しまい、生活に余裕がなくなってしまいます。
 せっかくマイホームに入居しても、手取り月収の半分近くがローンの返済にまわっ
てしまうと、お父さんのこづかいは削られ、晩酌のビールもつかなくなるかもしれま
せん。さらに、給与が減った場合や、子どもの教育費がかかる頃には、家計は逼迫し
てくる可能性も出てきます。
 いくら優遇金利で借りられたとしても、住宅ローンは侍りられる金額で借りるので
はなく、月々の返済額が手取り月収の20〜25%程度で納まるくらいの金額までで、抑
えるほうが安心です。
 なおかつ、完済まで低い固定金利で借りられればベストですが、それが難しければ、
最低でも10年くらいは固定金利が続くローンにすれば、借りた後も当面は金利の変動
にびくびくする必要がなくなります。
 大手銀行では頭金を2割以上用意し、住宅ローンの借入額を8割未満にすれば、金
利がさらに低くなる場合もありますから、そういうローンを利用するのも方法です。

 低金利の今は、銀行ローンは変動金利のほうが金利の優遇幅が大きく、利用者もぐ
んと増えていますが、これについても注意が必要です。当面は、すぐに金利がどんど
ん上がることはなくても、将来的にはどうなるかわかりません。金利が上がると、そ
れに合わせて月々の返済額が上がることを覚悟してください。
変動金利のローンを借りても大丈夫なのは、金利が将来1〜2%上がっても無理な
く返していける家庭か、早めに繰り上げ返済をたくさんして、ローン残高を減らして
いける家庭と考えたほうが間違いありません。
具体的に購入する物件が決まり、手続きが始まると、オプション設備はどうするか
など、あれこれ検討しなければならないことも多く、住宅ローンについてはじっくり
調べたり考えたりする余裕がなくなります。ですから、その前に、複数の金融機関で
住宅ローンを比較検討し、無理なく返済できる借入額などを試算しておきましょう。
 最終的には雅金をで書るだけたくさん入れて、わが寮に合った住宅ローンを選び、
借入額は100万円でも少なくすることが、将来の生活防衛につながります。