即日審査キャッシングを選ぶならキャッシュR

一見「便利」な借り方が借金体質をつくります

一定の金額までなら、ショッピングや食事でいくらクレジットカードを使っても、
毎月の返済額は1万円ずつでOK。手元のお金がちょっと足りないからと、カードの
キャッシングで10万円引き出しても、返すのは月々1万円ずつですむ。
 これが通称「リボ払い」といわれる、リボルビング払いの返済方法です。
 皆さんがお持ちのクレジットカードにも、ショッピングとキャッシングの利用粋が
決められていて、それぞれ希望すればリボ払いが利用でき、月々の返済額も1万円ず
つ、2万円ずつなどと決まっているのではないでしょうか。
 利用枠の範囲なら、月によってどれだけ使っても、融資を受けても、毎月決まった
金額だけ返していけばすむため、一見、便利なシステムに思えます。しかし、いった
んリボ払いを利用すると、返済の途中でも追加でカードを使ったり、融資を受けるこ
とができるため、あとどれくらい残高があるのかがわかりにくく、いつまでたっても
返済が終わらないという、自転車操業になってしまう怖れがあります。
 しかも、残高に応じて手数料という名の利息を支払わなければなりません。カード
によって若干異なりますが、現在、ショッピングでもキャッシングでも、リボ払いの
手数料は15〜18%。返済途中に追加で利用すれば、いつまでたっても残高は減らず、
返し終わるまでの期間が長くなって、支払う利息は多くなります。

 たとえば、30万円分の買い物でクレジットカードを使っても、翌月1回払いにすれ
ば、手数料はゼロ。しかし、リボ払いで月々1万円ずつ返済し、その1万円のなかか
ら手数料が引かれる場合だと、元金はなかなか減りません。当然、返済期間は長くな
り、トータルでは10万円近くの手数料を支払うことになります。
 途中で追加の買い物などをすれば、さらに返済は続き、残高がいくらなのか、毎回
どれくらい手数料を引かれているかもわからなくなってしまうでしょう。
 キャッシングなどで利用するのは、もっと危険。ATMで手軽に引き出せるため、
借金をしているという感覚がなくなってしまうからです。
 利用粋が30万円なら、最初に5万円引き出して、翌月から1万円ずつ返済してい
ても、またちょっと手元のお金がないときに、利用粋が残っているからと、2万円、
3万円と、借りてしまうようになります。
 いくら借りても、月々の返済額は一定額ですむというのは、逆に、借金の重みや返
済義務を軽くさせ、借金体質から抜け出せなくなる可能性が高くなるのです。
 最近は、リボ払い専用のカードまであります。ふつうのカードでも、リボ払いにし
たほうがポイントがたくさんつくというケースもありますし、なかには1回払いを選
択しても、途中でリボ払いに変更できることもあります。

 こんなふうにカード会社がリボ払いを勧めるのは、そのほうがカード会社に入る手
数料が増えて、トクをするからです。
 しかし、利用者にとっては、リボ払いはどお金の感覚を麻痺させる支払い方法はあ
りません。余裕がある月は、多めに返済することもできますが、リボ払いに慣れてし
まうと、今月は多めに返済して、早く終わらせようなどとは思わなくなります。
 翌月に1回で支払えないような大きな買い物は、お金を貯めてから買うこと。クレ
ジットカードでのボーナス払いもできるだけやめましょう。もちろん、カードでの
キャッシングはしないと決めたら、リボ払いとは無縁でいられます。くれぐれもカー
ド会社の宣伝に惑わされないようにしてください。