即日審査キャッシングを選ぶならキャッシュR

借金返済のためのキャッシングは決してしないこと

借金返済のためのキャッシングは絶対にすべきではありません。というのは、こうして返済を重ねて
いけば、複利方式で借金が膨れあがり、遠からず借金地獄に陥り、いずれは破産することになる
からです。高度成長時代は借金があっても、給料の伸びが大きく、借金の重みは相対的に落ち
ていきました。しかし、今日はそうした時代ではなく、リストラや賃金カットなどにより、借金の返済
は重くのしかかってくるのです。キャッシングをする場合には、まず自分の置かれている状況を客観
的に把握しておく必要があります。お金が返せないのでキャッシングするのですから、さらに増える
その借金の返済ができるはずはないのです。収入と金利を含む返済額の計算をしっかりすること
です。キャッシングの利息が年利二九・二パーセント(出資法による刑事処分されない上限金利)
で、これを毎月借入れて返済した場合のシミュレーションを次ページに掲げました。金利が金利を
生んでたった数年で何倍にも膨れあがります。高利の借金をすれば、いかに返済が困難かがわか
っていただけると思います。なお、改正貸金業法等の施行後は、貸金業者の金利は利息制限
法所定の金利を超えると無効(「みなし弁済規定」は廃止)とされ、刑罰金利は二〇%に引き
下げられます。銀行などの金融機関は、原則として、個人の借金返済のための融資はしてくれ
ません。しかし借金地獄に陥る前の借金の整理では、金利の安い借金に一本化し、数年返済
のローンにすれば破綻しなくてよいケースも多くあります。こうした場合、一本化するために低利の
融資をしてくれるところがあれば借金地獄から立ち直ることもできるのです。こうした借金は、

何も本人だけがする必要はありません。例えば、親が借金をし、それを子である本人が親から
借りるなどという方法もあります。ただし、親からの借金といえども確実に返済し、また、高利の
借金は二度としないという覚悟とその実行が必要です。